転職

27歳フリーターは正社員にならなくても生きていけます

更新日:

27歳でフリーターと言うと、批判的なイメージを持つ方も多いですよね。

しかし、2020年現在で言えば間違った選択ではありません。

自分の人生をよく考えた上でのフリーターは間違っていないのでは無いでしょうか?今後は今よりも正社員の価値が減り、フリーターが増えていくのではないでしょうか?

27歳でフリーターは正社員になる必要があるのか?

27歳でフリーターと聞くとどう思いますか?

27歳と言う年齢だと、高卒で仕事をしている方だと、何らかの責任を負うポジションについている人も少なくありません。

大卒であっても一人前に仕事をこなせるようになってくる時期です。

そのような27歳と言う年齢でもフリーターが多く居ることは事実です。

27歳と言う年齢になってくると、今まで横並びだった同級生のなかでも格差が出てくる頃だと感じます。

バリバリ働いて出世している人もいれば、ニートも居ます。

結婚して子供がいる人もいれば、引きこもりも居ます。

このような大きな差が出始める27歳と言う年齢でフリーターと言うのはいかがなものでしょうか?

一般的には、『20代後半でフリーターはまずい。正社員になるべき。』と言う意見が多いようですが、私は違います。

私自身はフリーターと言う選択肢は間違っていないと思っていますが、一緒に20代後半でフリーターと言うものはいかなるものか考えていきましょう。

非正規で働く理由で一番多いのが『自分の都合に合わせて働きたいから』

日本にはフリーターのような、非正規社員が2120万人居ます

収入面では確実に正社員のほうが安定しているのに、どうして非正規社員を選ぶ人がこんなに多いのでしょうか?

フリーターは『結婚できない』『貯金できない』などと言う意見が多いのですが、問題あるのでしょうか?

自分の収入に見合った生活が継続出来ているなら人にどうこう言われる筋合いは無いと思います。

現在の日本は働き方が多様になっているので、不満を持ったまま正社員で働くよりも非正規社員で働いたほうが良いと判断する人が多いのです。

今までの当たり前ではなく、自分にあった働き方をしたいと思っている人が多いのがわかります。

低所得は恥ずかしくない!

低所得と言うのは一般的に恥ずかしく、高所得が誇らしいと言う文化もありますが、今の若い世代の方も全員そうかと言うと、違う考えを持っている人のほうが多いです。

今の若い世代は、『自分に合った働き方、生活を送りたい』と思っている人が多いのです。

会社の言うことをしっかり守り、残業や休日出勤をして会社の為に全力を尽くす人のことを、『社蓄』と読んで蔑んでいる傾向がここ10年くらいであると思います。

『高いお金をもらって社蓄になるより、好きなことをして生活をする』と言うライフスタイルが一般的になっています。

今の若者は低所得よりも、社蓄として自分のやりたいことを犠牲にして生きていくことのほうが抵抗があり、恥ずかしい生き方だと考えている人が多いのです。

フリーターでも充分な生活が可能なのでしょうか?

自分の理想の働き方をしていても生活できなければ、仕事のやりかたを変えざるを得ません。

それでもフリーターを続けられている人は、低所得でも生活していく為の知恵を身に付けているのです。

嫌なこともやらなければならない正社員と、自由に働くフリーターは考え方次第ではどちらも正しい選択なのです。

しかし、フリーターのネックになるのが低所得です。

低所得で生活が困難な人もいることも事実ですが、なんとか生活している人もいます。

低所得でも、今の時代は、ものをシェアする文化が流行しています。

例えば、シェアハウスに住んで生活費を浮かせると言う手段があります。

シェアハウスでなくても、実家暮らしをすれば、出費を抑えることが出来ます。

シェアハウスと言うものが一般的になってきたもの最近です。

シェアハウスと言うのは、モノの価値を最大限に活かす良い事例だと思います。

住宅と言うのは、一般的に一人か、家族で使用するものでしたが、その考え方も変わってきているのです。

モノも価値の真価が問われる時代になってきている証拠です。

今後は今までの当たり前が当たり前でなくなる時代が来ます。

シェアハウス、シェアカーなど、物の価値や考え方が変わってきており、時代の変化が訪れています。

自分らしく生きることこそが若者の誇り

ファッションや、趣味、ライフスタイルは今では様々な選択が出来ます。

一昔前は、周りと同じように流行を追いかけているのが普通でしたが、今は普通と言うものが存在しません。

これは働き方でも同じことが言えます。

今まで常識だった、月曜から金曜まで毎日8時間働くと言う常識も変わろうとしています。

今や週3勤務や、6時間労働などを導入している会社もあります。

まだまだ小さい変化の波ですが、いずれ若者たちが大きな波を起こし、世の中を変えていきます。

年配の方たちは必ず批判するでしょうが、時代をつくるのはいつだって若者たちです。

エネルギッシュな若者たちを止めることは出来ません。

あなたも自分にあったライフスタイル、働き方を見つけてみましょう。

27歳でフリーターでも良い理由

  • 27歳と言う年齢になると、格差が出てくる
  • 仕事の考え方として、正社員じゃない非正規社員が増えてきている
  • 非正規社員で働いている人は自由を求めている
  • 低所得でも、自分の行きたい人生を歩むことの価値があると言う考えが増えてきている
  • 物の価値を最大限に活かして低所得でも生活できる方法が増えている

長時間労働でうつ病や、自殺で人生を棒に振るよりも、自由な働き方を選べるということを覚えていてください。

本来仕事は生きる為にしていることです。

仕事で命を失ってしまうのは本末転倒です。

皆さん自分を大事に生きていきましょう。

-転職

Copyright© FAワーキング , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.