ブラック企業

みなし残業はおかしい制度か?【ブラック企業の危険性があるので注意】

投稿日:

【みなし残業】として40時間分の残業代が給料に上乗せされているのですが、自分もまわりも40時間以上残業しているのに残業代が正しく支払わていません。どうしたらいいでしょうか?
私自身もみなし残業として40時間分の残業代しかもらえていないのに200時間以上も残業していたときがありました。結論としては、まわりの社員が変革を求めていなければ転職するしかないです。

みなし残業と言うカタチで残業代を正しく支払ないブラック企業は多く存在します。

残業代を請求すれば支給されますが、大半は会社に残業代を求めることはありません。
残業手当を正しく支払うのは当たり前てす。
みなし残業でも、オーバーした分は会社は支払う必要があります。
しかし、社員が残業代を請求しなければ、会社が支払うことは少ないです。

 

ブラック企業では残業代を正しく貰えないこともあるので、みなし残業についての注意点を紹介します。

 

みなし残業はおかしい制度か?

残業手当を正しく支払うのは当たり前てす。
みなし残業でも、オーバーした分は会社は支払う必要があります。
しかし、社員が残業代を請求しなければ、会社が支払うことは少ないです。

 

【みなし残業】【定額残業】【固定残業】は同じです

言葉は違っても実情としての制度としては同じです。

厳密に法律で言うと、みなし残業が適用されるのば一部の業種で『仕事をする時間が限定されない職業のみ』です。

 

しかし、運用される実体は変わらないのでそれぞれの違いの説明は割愛します。

 

企業の労働時間の管理が甘い為に、従業員に過酷な労働を強いている制度としか思えません。

 

私も以前に40時間の残業を固定で支給されるブラック企業で働いていましたが、月200時間も超えるような労働を強いられていました。

長時間残業が嫌な場合は、固定残業の会社は避けることをオススメします。

残業が蔓延している職場で、自分だけが早く帰ると言うのは困難だからです。

『みなし残業』のメリットは従業員にはない

会社にはメリットがありますが、従業員にメリットないと言っていいでしょう。

従業員のメリットは残業しなくても固定で残業代が支払われることですが、そんなことは皆無です。

 

実体としては、残業ありきの働き方なので、メリットはありません。

会社側のメリットとしては、残業時間を過少に払うことで、従業員を安いお金で搾取出来ることです。

 

 

従業員のメリット
  • 残業をしなくても固定分の残業代が貰える(残業しないなんてことは無い)
  • 残業したい人は残業し放題(普通はお金が貰えない残業なんてしたくない)

上記の通りで、従業員にはメリットと言えることはありません。

残業ありきの職場が構成されるので働きやすい職場とは言えませんね。

 

企業のメリット
  • 毎月固定された人件費を払えばいいので経営がラク
  • 請求されなければ、従業員を固定費で働かせ放題
  • 労働時間を管理する手間とコストが削減できる

企業側にはメリットが大きいです。

従業員を働かせ放題になっているのは問題だと思いますが、立場の弱い従業員は黙って言うことを聞くことが多く、改善されることは期待できません。

残業しなくても、残業代を貰えるという制度だが、残業しなくて帰れる環境ではないので従業員にはメリットはありません。

 

みなし残業のおかしい実態を紹介

みなし残業はおかしい制度なので、ブラック企業を助長する制度になっています。

私自身もみなし残業のブラック企業で働いていたので、実態について紹介していきます。

 

仕事の効率を上げる努力をしても残業は減らない

仕事の効率を上げても残業ありきの働き方をしていると、残業は減りません。

処理できる仕事が増えると、上から降ってくる仕事も増えるので残業時間を減らすことにはなりませんでした。

 

ブラック企業では努力すれば、するほど会社に搾取される仕組みになっています。

努力で残業を減らすことは難しいです。

 

会社に居るだけの上司が多数存在する

どうせ残業があると考えると、仕事の進め方もダラダラしてしまいます。

ダラダラ仕事をするせいで残業が多くなることはあります。

ブラック企業の上司は、ダラダラと仕事をして会社にいるだけになっています。

 

部下からすると、上司がいると帰りにくいので、上司がダラダラ仕事をしているとものすごくストレスを感じます。

 

自分が努力して早く帰ろうとするものなら『この仕事は終わったのか?』とけしかてきます。

ダラダラ仕事をしているお前がやれよ!

とは言えないので、ストレスが溜まっていく一方です。

 

みなし残業のおかしい実態から逃げる方法

みなし残業による長時間残業から逃げる方法は転職が一番です。

しかし、転職するための時間の確保や、転職先が見つかるまでの一時的な対処法について紹介します。

 

【結論】みなし残業はおかしい制度なので避けるしかない

みなし残業はおかしい制度なので、転職先としては選ばない。

そして在職中の場合は、正しく残業代が支給される会社に転職するべきと思います。

 

私自身もブラック企業で勤務していた時に、自分の力で会社を変えることは出来ないと思い転職を決意しました。

そして、二度と同じ思いをしない為に、みなし残業の会社は避けて転職をしています。

 

過去の私と同じ思いをして欲しくないので、みなし残業を採用している会社は避けるようにして頂きたいです。

 

 

 

-ブラック企業

Copyright© FAワーキング , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.