ブラック企業

有給を取りづらい職場で休みやすくする3つの方法【有休を取りやすくする方法を紹介】

更新日:

『有休が年に5日取る法律があるはずなのに有休が思うように取れないです』

働き方改革で年に5日は有休を取得するよう法律がありますが、有休が希望通りに取れない職場は未だに多くあります。

 

私自身もブラック企業で勤務していた経験があるので、有休が取れない職場のツラさは理解しています。

『忙しいのに有休取るのか?』なんて言われたくないですよね。。

有休をとる為にストレスを抱えるなんて本当に不毛だと思います。

有給の取り方は事前申請が基本

有給を取る為には基本的には事前申請が必要です。

会社が繁忙期で、有休を取得することで業務に影響がある場合は取得日の変更を申し出ることが出来るのです。

 

繁忙期を理由に有休を取得させない会社のマネジメントはどうなっているのか?と言いたいですが。。

 

有休の取得理由は『私用の為』で問題無し

有給申請をする際に、理由の記載を求められることがあります。

基本的には有休取得に理由は不要なので、『私用の為』と記載するのが良いでしょう。

 

職場で有休所得理由を他の人と統一した方が無難だと思います。

 

有給が取れない雰囲気の場合の処置方法

有休が取れない雰囲気の場合は『腰痛の為通院』を理由にするのが一番当たり障りが無いです。

老若男女問わず『腰痛持ち』は存在しますので、怪しまれにくい理由の一つです。

 

アクティブな人でもヘルニア持ちの人は多くいるのでオススメの理由です

有休が取りづらいのは何故か?

有休を取りづらいと感じるのは、ポジティブに捉えると仕事に強い責任感を持っているからです。

ネガティブに言えば、職場のサポート体制が整っていないからとも言えるでしょう。

 

職場全体で仕事を進める雰囲気ではないと、業務が忙しくて有休が取りづらい実態があります。

 

有給を取る為に残業や休日出勤をするのはおかしいことです

業務のフォローがないのに、上司から有休取得が足りないと指導されるのはストレスですよね。

上司のマネジメントが出来ていない職場では、休むために業務を調整する為に労働時間が長くなることがあり得ます。

 

自分がスキルアップすることで改善出来るならば仕方がありませんが、誰が見ても職場に問題がある場合は転職しないと問題は解決しないと思います。

頭の固いオジサンたちは『働き方改革なんてクソ喰らえ!』と思っていますからね。。

 

大きい会社になればなるほど有休取得を奨励しています

コンプライアンス違反(法律違反)をするとニュースに会社名出ます。

コンプライアンス違反でニュースに出てしまうと会社の信用が損なわれ

顧客が離れていきます。

一度失った信用を取り戻すのはとても大変なことです。

自動車メーカーで最近あった不祥事で話題になった

未資格者による車体検査で、検査不充分の車体が市場にながれたというものがあります。

他にも神戸鉄鋼の材料成分不具合をわかって使用していた件もありました。

有給取得とは少し変わってきますが、社会で決められたルール、法律を守る責任が企業にはあります。

企業には社会貢献をする義務がある

企業は利益を出すだけではなく、社会貢献をする義務があります。

雇用を生み出すと言うのも大きな社会貢献の一つです。

安定した雇用を生み出すためには働きやすい職場づくりが重要になってきます。

働きやすい職場の要素の一つとして有給取得率が高いというのがあります。

よって企業が有給を奨励することで、働きやすい職場がつくられ、安定して雇用を生み

社会貢献しているということになります。

有休を取りやすい職場はで仕事を共有出来るシステムが出来ている

今の職場で有給を取得しやすいもう一つの理由は

同じ仕事を出来る人間が職場内にいることです。

前職での設計業務は、職場のシステム上

設計した内容を共有できていませんでした。

『今日はAさんがやすみなので○○は出来ません!』

と言う事態は会社として最悪です。

今の職場では、一つの業務を数人で協力して行っているので

一人欠員が出ても影響が少ないというのも

有給取得しやすい理由の一つです。

 

会社、上司、同僚から有給を取るように言われる職場が有給が取りやすい

これはもう極論ですけど、これに尽きると思います。

実際に有給を取るように言われなくても、

上司や同僚が有給を取得している姿を見ると

自分も有給を取りやすくなりますよね。

会社を有給が取りやすいように変革させていくのには

時間と労力がかかり、なかなか難しいかもしれません。

有休が取れない会社は転職するべきか?

有給を取得できる会社に転職するというのも手ですが

転職先もブラック企業ではない保障もありません。

そういった不安を抱えている方は、『転職エージェント』という

サービスを使用することをお勧めします。

転職先についての情報を色々教えてくれるので、

転職後のミスマッチが少なくなっている現状があります。

転職を考えている方は、一度転職エージェントに相談するもの一つのてだと思います。

 

オススメ転職サービス 3選
順位 転職サイト名 総合満足度 / サイトの型
1 doda

オススメ度★★★★

転職サイト+転職エージェント

利用料無料

2 リクルートエージェント


オススメ度★★★☆

エージェント型

利用料無料

3 マイナビエージェント



オススメ度★★★☆

エージェント型

利用料無料

 

 

-ブラック企業

Copyright© FAワーキング , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.