ブラック企業

どういう職場が有給を取りやすいのか

更新日:

現在の私の職場では月に一回以上有給を取得するよう

上司から言われています。

ブラック企業に勤めていた私からすると

『そんなことある?』と驚きました。

ブラック企業的な考えではメリットの無い

有給取得を何故会社側が推奨しているのか?

その理由を紹介します。

ホワイト企業はコンプライアンスを大事にしている

大きい会社になるほど、有給取得率が低いとデメリットがあり、

高いとメリットがあります。

しかし、有給取得率が高くなれば会社の収益上は、デメリットがあるのは事実です。

ではどういったことが会社のメリットになるのでしょうか。

大きい会社になればなるほど、コンプライアンス(法令遵守)を大事にします。

コンプライアンス違反(法律違反)をするとニュースに会社名出ます。

コンプライアンス違反でニュースに出てしまうと会社の信用が損なわれ

顧客が離れていきます。

一度失った信用を取り戻すのはとても大変なことです。

自動車メーカーで最近あった不祥事で話題になった

未資格者による車体検査で、検査不充分の車体が市場にながれたというものがあります。

他にも神戸鉄鋼の材料成分不具合をわかって使用していた件もありました。

有給取得とは少し変わってきますが、社会で決められたルール、法律を守る責任が企業にはあります。

企業には社会貢献をする義務がある

企業は利益を出すだけではなく、社会貢献をする義務があります。

雇用を生み出すと言うのも大きな社会貢献の一つです。

安定した雇用を生み出すためには働きやすい職場づくりが重要になってきます。

働きやすい職場の要素の一つとして有給取得率が高いというのがあります。

よって企業が有給を奨励することで、働きやすい職場がつくられ、安定して雇用を生み

社会貢献しているということになります。

職場内で仕事を共有出来るシステムが出来ている

今の職場で有給を取得しやすいもう一つの理由は

同じ仕事を出来る人間が職場内にいることです。

前職での設計業務は、職場のシステム上

設計した内容を共有できていませんでした。

『今日はAさんがやすみなので○○は出来ません!』

と言う事態は会社として最悪です。

今の職場では、一つの業務を数人で協力して行っているので

一人欠員が出ても影響が少ないというのも

有給取得しやすい理由の一つです。

【結論】会社、上司、同僚から有給を取るように言われる職場が有給が取りやすい

これはもう極論ですけど、これに尽きると思います。

実際に有給を取るように言われなくても、

上司や同僚が有給を取得している姿を見ると

自分も有給を取りやすくなりますよね。

会社を有給が取りやすいように変革させていくのには

時間と労力がかかり、なかなか難しいかもしれません。

有給を取得できる会社に転職するというのも手ですが

転職先もブラック企業ではない保障もありません。

そういった不安を抱えている方は、『転職エージェント』という

サービスを使用することをお勧めします。

転職先についての情報を色々教えてくれるので、

転職後のミスマッチが少なくなっている現状があります。

転職を考えている方は、一度転職エージェントに相談するもの一つのてだと思います。

-ブラック企業

Copyright© FAワーキング , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.