仕事術

仕事で人間関係に悩んでいる人は心理学を利用すれば悩みから解放されます

更新日:

もし、自分の理想の通りに相手が動いてくれれべ仕事が楽になるのに。。職場での人間関係が上手くいかず悩みが絶えません。。
仕事をしていると、ウマの合わない人と仕事をしなければならない時もあります。心理学を利用すれば対人関係が良くなるので、仕事に活かせる心理学について紹介していきます。

もし、心理学を利用することで思いのままに人が行動してくれたらあなたはどう思いますか?

仕事もプライベートも上手くいくには、心理学を理解することで意外と簡単に実現することができます。

心理学を学ぶと出来る4つのことを紹介

心理学を学ぶメリット
  • コミュニケーション能力を高める
  • 自分や相手を優位な立場に出来る
  • 仕事を円滑にすすめる
  • 自分の能力を100%発揮
それでは心理学の仕事への活かし方について紹介していきます

心理学は人間関係の悩み解決に繫がる

もし、心理学を利用することで思いのままに人が行動してくれたらあなたはどう思いますか?

仕事もプライベートも上手くいくには、心理学を理解することで意外と簡単に実現することができます。

悩みの9割は人間関係が原因だと言われています

相手に判断を委ねたほうが交渉は上手く行きます

自分で判断させるには情報を与えるだけで、おすすめはしないことです。

心理学を学んでいれば人間関係でも役に立ちますし、人よりも優位に交渉を進めることもできます。

じっさいに私が既に気を付けて行っていることもいくつかありました。

心理学的なことまでは理解していなかったので、何故そうするとよいかを知れてなるほどと思いました。

人とコミュニケーションを取る上では必ず役に立つ無いようなので、仕事に活かしたい人や、子供のPTAや親の会などの不慣れなシーンでのコミュニケーションには特に役に立ちます。
心理学は学んでいて絶対に損はないです。

何故コミニュケーション能力を高められるのか?

相手の気持ちを察して行動できるようになるので、円滑にコミニュケーションが取ることができます。
相手がどう思うかを考え、理解すれば怒らせることもなくなります。

相手の動きを見て気持ちを察する

例えば、相手が腕組や、足を組んでいる場合は、相手に対して壁を作ろうとしています。

このことを理解していれば、緊張をほぐす話題でリラックスさせてから本題に入ることでコミニュケーションが上手くいきます。

相手の仕草一つでどう思っているかを読むことができるので、自分が優位にコミニュケーションを取ることが可能になります。

意見を反論するとき心理学を学んでおくと円滑に話しが進みます。

反対するときに「違うと思います!」と突然言われて気持ちが良い人はいません。「確かにその通りです。しかし~~」と言うように、一度受け止めてから否定することで、コミニュケーションが円滑に行うことが出来ます。

頭ごなしに否定すると、論理よりも、感情でモノを言ってしまう人が多いことは事実です。論理に訴える為には一度相手の意見を受け止めた上で反論することが必要なのです。

何故優位にたたせることができるのか?、

人は互いの位置関係を考えて、自分が優位にたちたいと思うのです。優位に立つ為には相手との関係性や、立場や能力だけが必要なわけではありません。
立場が上の人だとしても、自分が何が迷惑、被害を受けた場合だと優位性が少し変わってきます。
他にも相手を仕事で助けてあげると「何かお返しをしたい」と思う【返報性の原理】と言うものがあります。お願いごとがある場合は、事前に他人のお願いを聞くことで相手も聞き入れやすい状況をつくることができます。

自分の能力を活かす為にも心理学は必要です。

専門的なスキルや技術がいくら優れていても、コミニュケーションを全く取らずに仕事をすることはほぼ不可能です。
クリエイティブな仕事なので、コミニュケーション能力のような対人スキルは不要と言う方もいるかもしれません。
しかし仕事をしてお金を貰っている以上は、お金を払ってくれるお客様がいます。つくったものや、サービスを利用するお客様が存在します。
このお客様を満足させることが仕事なのですから、仕事をする人は全員コミニュケーション能力が必要ではないでしょうか?
自分がどれだけ能力があっても、お客様が満足しなければ仕事として成立しません。必要とされていることを仕事としているからお金がもらえているのです。
何が必要とされているかを考えて答えを出す為にも心理学は役に立ちます。
広告業やマーケティングの仕事は直接お客様とのコミニュケーションは少ないですが、多くの人に受け入れられる製品やサービスを世に出す為に心理学を学んでいる人が多いです。
お客様のニーズや購入意欲を高める為にも心理学を学んでおくことをおススメします。

心理学と言うと難しく聞こえるが、コミニュケーション術と言う観点で心理学を学んでいた方がよい。
実際にコミュニケーション術の本などをみると、心理学についてふれてあることが多いです。
コミニュケーションを円滑に行う為には最低限の人の心理を理解しておく必要があります。

また、心理学を学ぶ上で、相手がどう思っているかを考えることにも役立つだけではなく、自分がどう思われているかも考える良い機会になります。
自分は故意的でなくても、周りから良い印象を受けていなかったり、常に怒っていると思われていることもあります。
指導する立場であれば、尚更部下からの印象と言うのは仕事をする上で重要になってきます。

心理学を学んでおけば、悩んだ時の対処法がわかります。

仕事をしていて怒られたり、失敗したりするとなやみますよね ?

悩んだ時にこそ。心理学が活用できます。

悩みの原因は基本的には自分にあります。

自分が悩む材料を生み出しているのです。

キッカケは他人の言動かもしれませんが、悩んでいるのは自分です。ここを忘れないでください。

人から強制されて悩んでいるのではなく、自分が勝手に悩んでいるのです。

他人から悩むきっかけになる言動があったとしても悩むかどうかは自分で決められます。

言われたことを気にしなければ、悩むこともありません。

しかし、気にする場と言っても難しいですよね。気にしてしまうのがふつうだと思います。

でも何故きにしてしまうのでしょうか ?きっと自分よりも相手を尊重しているからです。

相手が正しく、自分は間違っていると思うからです。逆に、相手が間違ってて、自分は正しいのに。。と悩むこともあるでしょう。

ここで大切なのは両社を認めることです。自分を認めて、相手も認めるのです。

色々な立場や意見があるので、仕方がないと受け取るのです。

私もこんな偉そうなこと言っていますが、仕事で怒られますよ。悩みますよ。

それでも、くよくよしても仕方ないことはしっています。しっていれも悩むんです。それが人間なのでしょう。

私は悩むことは良いことだと思います。

悩めることも、一つの幸せだと思います。山あり、谷ありだから人生は楽しくなるのです。

山ばかりではなく、谷に落ちる時もあるということを知っていれば、谷に落ちた時に『今は谷に落ちたから仕方がない』と思えるはず。

必要以上に抗うのではなく、今の状況を冷静に客観視することが大切です。

転職して大手に勤務している今でも『ツライなー』と思うことは多々あります。

仕事はやっぱり大変ですよ。大企業なりの大きな仕事と向き合うストレスや、無駄な業務報告をして怒られたりするストレスもあります。

納得出来ないこともあります。でも仕事だから仕方がないのです。サラリーマンでも、フリーランスだろうが、ブラック企業だろがホワイト企業でも、嫌なことはぜったいあります 。

ずっと好きなことだけすることは出来ません。これは理解して、幻想を見ている人は諦めるべきです。諦めると言うか、現実を見つめて下さい。

それでも僕も仕事ツライ!辞めたいと思うときもありますよ。人間だから仕方がなない。

一時期はそう思うのは普通のことです。

但し、いつまでも引きずられないようにして、気持ちを切り替えることが重要です。

気持ちの切り替え方は寝るのが一番。だから今日は早めに寝ましょう。

遅くまで起きていて深酒するのはNGです。

次の日に疲れを持ち越して心身共にマイナスに引っ張られてしまいます。

心理学は知っているだけでも人生が変わる

不満の多い人は自分を客観視できない
商品を買ったあとに商品について調べたくなるのが人間 買って良かったのか不安になるからだ
会社を続けることに必要なのはやりがいではななくお金である

心理学は人間として人とコミュニケーションをとって生きていきたいと思う人は学ぶべき
子育て、仕事、家族や友人とのコミュニケーションでは必ず自分と相手が存在します。

私は仕事やプライベートで沢山の人との付き合いがあります

-仕事術

Copyright© FAワーキング , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.