転職

転職先がブラック企業かを見極めるポイント【失敗して後悔しない為に企業情報を集めましょう】

更新日:

『転職活動をしていて、応募するか迷っている求人がある』

企業の詳しい情報がわからないと、不安が解消されないですよね。このような転職時の悩みを抱える方に、転職時の情報収集方法を紹介します。

転職や就活では、入社前に企業の情報を手に入れることはとても重要なことです。

情報収集せずに入社すると、とんでもないブラック企業に入社してしまうリスクがあります。

私もとんでもないブラック企業に入社した過去があります。

私のようにブラック企業に入社してしわないように、ブラック企業に勤務した経験、2度の転職経験をもとに入社前の企業情報の収集方法を紹介します。

この記事を読んで参考にしていただければ、私のようにブラック企業に入社してしまうリスクが格段に下がります。

 

口コミサイトを利用して企業情報を入手する

入社したい企業の企業情報を入手したいなら、口コミサイトが一番手軽です。

 

一昔前は、会社の情報を集める手段は限られていましたが、今では簡単に収取することが出来ます。

下記サイトが口コミサイトとしてメジャーです。

 

 

簡単、手軽に企業情報が手に入るのはとても便利なのですが、デメリットもあります。

 

転職口コミサイトのデメリット
  • 情報の信憑性に保障はない
  • サービスによっては有料
  • 自分の勤務情報を入力しなければサービスを使えない
  • 複数のサイトを利用すると、登録だけで時間がかかる
  • 情報量が企業規模に比例するので、中小企業の場合は口コミがないこともある

 

働きながら転職活動を行っていると、転職先について調べる時間が無いと言う方もいるので、むやみに複数の口コミサイトを利用しても、活用しきれません。

私の感覚ではOpenWork(オープンワーク)転職会議の2つを登録しておけば最低限の必要な情報は手に入ると思います。

少しでも、多く企業情報を入手したいという方は、複数の口コミサイトを利用したほうがいいです。

それでは、次は口コミサイトを使ってどのような情報を集めていくかを消化します。

ブラック企業に入社してしまうリスクを減らすために必要な企業情報は?

情報収集は時間がかかりますし、大変な作業です。

私自身もブラック企業で勤務しながらの転職先の情報収集をするのはとても大変でした。

 

しかし、転職後に後悔してまた転職を繰り返すことの無いようにしたいですよね。

情報収集を怠るリスクを考えずに転職するとブラック企業に入社してしますこともあり得ます。

ブラック企業でなくても、入社後に希望していた仕事と違うことをやらせられるということもあるでしょう。

自分の理想の企業に入社するためには転職先の企業についてしっかり調べましょう。

転職先の企業について私が調べた項目を紹介します。

下記の項目を網羅できれば、ブラック企業への入社は避けることが出来ます。

 

転職先を見極めるポイント
  • 取引先
  • 業界事情
  • 労働環境
  • 給料
  • 離職率

 

取引先はどんな企業?

取引先を調べるには、口コミサイトだけではなく、企業ホームページにも記載されています。

あまり規模の大きくない会社だと、インターネットで調べても出てこない場合もありますが、【企業名 取引先】で一度検索してみましょう。

入社したい企業の取引先の情報が全くない場合は、同業で、競合他社にあたる企業情報を調べることも参考になります。

 

自分が転職している企業の取引先は業界でのシェアや、社員数、売り上げなどはどの程度か調べることで転職先がどれくらい安定しているのか知ることが出来ます。

 

世の中の市場の一般的な原理から言うと、主要取引先がエンドユーザーに近いほど、利回りが良く、給料も良いという傾向があります。

主要取引先がエンドユーザーから離れていれば、それだけ給料が低い可能性が高いです。

必ずしも、当てはまるわけではないですが、一般的には一次下請け、二次下請けとなることが多く、二次、三次と段々給料が少なくなっていくのが相場です。

二次、三次下請けのほうが、利益率が悪く、少人数で仕事をまわしている可能性が高いので、ブラック企業の確率が高いです。

取引先が大手有名企業だと、入社する企業がブラック企業である確率は低くなります。

業界事情を調べて傾向を知る

入社しようとしている企業が、今の仕事と同じ業界の場合は理解しているのでしょうが、転職を機会に別の業界に飛び込もうとしている方は、業界事情も調べておくべきです。

業界によっては、お客さんの都合に合わせる為に休みが取れない、残業が多いなどの不自由や繁忙期や仕事の波などの様々な事情があります。

業界によっては、お客さんの都合で残業や休日出勤をしなければならないことが多いこともあります。

 

私が以前勤めていた会社は精密電気部品を扱う企業でした。

取引先がブラック企業だったので、仕事を引き受ける側も必然的にブラック企業になってしまうという実情がありました。

 

業界だけでなく、営業や設計のように、職種で働き方がおおよそわかることもありますので、業界、職種の情報は出来るだけ集めておくべきです。

 

転職先の企業の情報がなかなか集まらない場合は、同業の企業についても調べてみましょう。

同業、同職種の情報を集めることで転職先の企業の特徴もイメージ出来るようになります。

 

労働環境はどうなの?

職場、職種によって労働環境は異なりますので求人内容を良く見てどのような職場環境なのかを知る必要が有ります。

ブラック企業とよばれる企業は、総合的に見て労働環境は悪いです。

転職後に、想像と違っていた。

と言うようにならないようにしましょう。

 

オフィスなどで働く場合は、会社ごとに個性はあるものの、目に見える環境としては大きな差は無いでしょう。
しかし、工場や建築などの生産現場では作るものや、部署によって大きく環境が違います。

 

会社のホームページで写真が載っている場合は、イメージがしやすいのです。

しかし、数枚見た写真が会社のすべてではないことを理解してください。

 

実際に見てみると写真と全然違うこともあり得ます。

写真が無い場合は関連企業や、同業の企業を参考にするしかありません。

 

労働環境を見定める判断材料として、ホームページに写真が掲載されていれば、極端に労働環境が悪ことは考えにくいです。

ホームページがない場合や写真がない場合は、労働環境に関しては情報が得られないので、口コミサイトで情報を集めるしかありません。

 

実際に貰える給料はどれくらいか?

求人票に給料は必ず書いてありますが、実際に口座に振り込まれる『手取り』とは異なるので注意が必要です。

求人票に記載してある給料は、保険料、税金が引かれる前の金額になります。

実際の『手取り』は求人票の8~9割程度になることを理解した上で企業を選んでください。
給料の手取りについてはこちらの記事で紹介しています。

給料については、口コミサイトが一番信頼できる情報源になります。

求人情報からは、本当の給料がいくら貰えるのかは読み取りにくいです。

口コミサイトを活用して給料を調べてみましょう。

離職率は高くないか?

ハローワークでの求人だと前年度、全然年度の離職率を知ることが出来ます。

必ず当てはまる訳ではないですが、離職率が高い企業には何らかのネガティブな理由が存在することが多いです。

口コミサイトにも、離職が多い会社は、しっかり情報が掲載されています。

 

離職率が高い企業は、ほぼ100%ブラック企業であると認識しておいたほうがいいです。

まとめ

転職後に後悔しないために、企業情報を入手することがどれだけ重要かわかっていただけたでしょうか?

企業情報を集める手段は多くはありませんが、口コミサイトを活用するのが、今の時代にもあっており、確かな情報源かと思います。

しっかり情報収集をしてブラック企業に入社することのないようにしましょう。

そして、入社したい企業だけでなく、同業他社の企業情報も集めることで、より情報が確かなものになっていきます。

転職口コミサイトを見るのもひとつの手段ですが、転職準備の時間が取れない人には、エージェントサービスを利用すると、情報収集や、資料準備の時間を大幅に減らすことが出来ます。
こちらの記事も参考にしてみて下さい。
【極秘情報】転職エージェントと人事のやり取り

-転職

Copyright© FAワーキング , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.