退職方法

会社を辞めることを相談すべきか?退職についての相談時の注意事項

更新日:

会社を辞めることは誰かに相談したほうがいいのでしょうか?

『会社をやめたい!』と思っても、まずはどう言った行動をすべきなのでしょうか?

まわりの人に相談するべきか?一人で決断して行動すべきか悩みますよね。

 

家族がいたり、ローンがあったり、貯金が無かったりなど人によって経済状況が違うので、『会社を辞める前にこうするべきだ!』と言うものはありません。

逆に言えば、人の感覚によって、『仕事を辞める前には貯金すべきだ』『ローンを完済してから仕事を辞めるべきだ』と言うような意見があるので悩む原因になるのです。

悩んでいるが、誰に相談すべきかわからない方もいると思います。

 

私の今までの経験での結論は、『自分の人生に置いて大事な決断は相談すべきではない』ということになります。

ましてや仕事を辞めると言うことは非常にデリケートな問題であり、誰にでも相談できることではありません。

誰かに相談する際は、相談することのメリット、デメリットが理解しておくことで、気持ちよく意思決定を行うことが出来ます。

 

会社を辞めることを何故相談するのか考えてみましょう

誰かに相談すると言うことは、相手に答えを出してもらいたいのではなく、相手に自分の意見に合意してもらいたいから相談しているのと言う側面もあります。

 

自分の意見に賛同して欲しいから相談し、賛同を得られなかった場合は余計に悩んでしまうことになります。

実際にそんな経験したことはありませんか?

 

他にも複数の人に相談し、色々な意見を聞くことで答えを出せなくなってしまうこともあります。

相談した以上は、相手の意見を参考にすべきです。

相談相手から、自分と真逆のアドバイスをもらったときは正直対応に困ってしまいます。

『アドバイスをしてあげたのに全く違う結論を出した』と思う人もいるからです。

 

相談することにより人間関係を壊してしまうのはとても無駄なことなので、最初から多くの人に相談はしないほうが良いでしょう。

 

以上のことを踏まえて、自分の人生での大事な決断は自分で行うべきと思っています。

答えを出す途中で、誰かに相談することがあってもその結論に対して責任を負って生きていくのは自分なのです。

相談相手は何も責任を取ってはくれません。

 

相談するなとは言いませんが、相談相手はしかり見極めるべきです。

会社を辞めたい時に相談するメリット

 

  • 自分だけでは思いつかない意見がでてくる
  • 自分が経験したことの無いことを教えてもらえる

 

自分だけでは思いつかない意見がでてくる

自分一人で考えていると、どうしても自分の経験の中からしか意見が出てこなかったり、偏った考えになることがあります。

人に相談することで、違った考え方や意見が出てくることがあり、選択の幅が広がることがあります。

ここが人に相談する最大のメリットだと私は思います。

人の意見を聞くことで、色んな角度から物事を見たり、考えたりすることができるからです。

 

例えば、ニートの友達に相談したとしたらきっと『辞めたいなら辞めたら?』と言われるでしょう。

自分のやりたくないことをやらない正当性や、メリットをアドバイスしてくれると思います。

 

同じ仕事を長年続けてきた人に相談すれば『考え直せ』と言われるでしょう。

会社を辞めたくなったときにどう乗り越えたかアドバイスをくれるでしょう。

 

転職経験が豊富な人に相談すれば『会社を辞めて転職すべきだ』と言う意見もあるかと思います。

自分の今までの会社を辞めた理由や、他の会社について教えてくれると思います。

 

立場や、考え方、人生経験が違えば違う意見が出てくるのが当たり前です。

色々な人に相談すると、混乱してしまうと思いますが『この人の意見を聞いてみたい!』と思う人が居れば一度相談してみるのもいいかと思います。

 

自分が経験したことの無いことを教えてもらえる

会社を辞めたいが、辞めた後のことが不安な人は、転職経験がある人に相談することをおススメします。

会社の辞め方、転職先の探し方などの退職から転職をどう進めるべきかを教えてもらうことが出来ます。

 

相談というよりは、経験したことのないことを、経験したことのある人から教えてもらうことがメリットとなります。

人に考えを聞くのではなく、経験を聞くことで、自分がどのように行動すれば良いかを導き出すことが出来ます。

 

会社を辞めたい時に相談するデメリット

相談することにメリットがあればデメリットもあります。

まずは冒頭で触れたように、自分の意見と違う答えが返ってきたときに余計に悩んでしまうことや、帰ってきた答えと違う結論に至ったときに後ろめたく思ってしまうことです。

 

他にも、会社で働いている以上は、会社内では【退職】と言うワードは表向きではなかなか言いにくいワードです。

相談相手が口を滑らせてしますと、自分が会社を辞めようとしようとしていることが周囲に筒抜けになってしまうこともあります。

 

実際に退職が決まった方ならば情報が回るのが早いか遅いかなので、たいした問題ではないと思います。

しかし、会社を辞めようかどうか悩んでいる時点で、周囲に退職する意思が漏れてしまうと、仕事がやりにくくなります。

悩んだ結果、今の職場に留まろうと言う結論になった場合は、周囲からは【やる気の無いやつ】、【いつ辞めるかわからないやつ】と言うレッテルが貼られて仕事がやりにくくなるここもあるかと思います。

 

転職相談の注意点

このようなことにならない為にも、職場内では転職の相談をしないことをお勧めします。

誰に相談すればよいかと言うと、出来るだけ人生経験が豊富で遠慮せずに何でも言える方が最適です。

 

親、先輩、友人などに相談できるのが理想です。

しかし、冒頭でも述べたように誰に相談しても結論を出すのは自分で、責任を負うのも自分です。

相談した以上は、相談相手の意向も尊重しなければ関係が悪くなることもあります。

 

会社を辞めることを相談すべきか?【結論】

転職時に誰かに相談するかどうかですが、冒頭でも言うとおり『結論を出すのは自分』です。

メリット

  1. 色んな意見が聞ける
  2. 経験したことの無い知識が手に入る

デメリット

  1. 相談内容が周囲に筒抜けになる
  2. 相談相手の意見も尊重しなければならない

相談相手を選ぶことが重要ですので、誰に相談するかはしっかり考えてから相談しましょう。

 

-退職方法

Copyright© FAワーキング , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.