退職方法

退職願いが受理されない時はどうするか?【退職願いを突き返された経験を紹介】

更新日:

ブラック企業で勤めていて、この会社を辞めれる気がしません。一体どうしたらいいのでしょう?

私も以前にブラック企業で勤めており、辞めるのにとても苦労しました。退職届を突き返されると言う珍しい経験もしています。そんな私の実体験を紹介します。

会社に退職願い提出したが、受理されずに返された経験を紹介します。

『あなたは会社を辞めることが可能です。』そんなこと他人だから簡単に言えるのだと思いませんか?
私もそう思っていました。

私は当時,自分が辞めたら会社は大変なことになると思っていました。
しかし実際に辞めてみると、何も起きませんでした。

残った人も大きく困ったと言うことはなかったようです
そんなものですよ世の中。。。
会社を辞められるかどうかの一番のハードルは上司でもなく、会社でもありません。

あなた自信の気持ちなのです。

この気持ちが変わらなければいつまでたっても辞めることは出来ないでしょう。
残念ながら今の会社で耐えしのいでください。それも一つの選択だと思います。

辛いからと言って必ず辞めなければならないわけではないのです。

辛くても我慢し続けるのも、辛くて転職するのもどちらも間違いではないです。

あなたの人生における意思決定を行うのはあなた以外いないのですから。

 

会社が認めなくても、あなたの意志を伝えれば退職は可能と明記されています。

いくら使用者が退職を認めないと言っても、法律では、労働者が退職届を提出するなど退職の申し入れをすれば、原則としてその後2週間経過した時点で労働契約は終了することとなります(民法627)。そのため、会社の就業規則などで、この期間を大幅に伸ばすよう規定や上記の期間を超える場合にも会社の許可を条件とするような規定が設けられていたとしても、そのような規定は無効とされることとなります。

厚労省HPより引用 https://www.check-roudou.mhlw.go.jp/study/roudousya_taisyoku.html

この事実をしっかり理解し、会社を辞めることは可能だと言うことを理解してください。

 

 

私がブラック企業をどうやって辞めたかを紹介します

私は会社を辞める際に上司から退職願いを付き返された経験があります。

退職願いを提出し、実際に辞める日までについて体験談をお話します。

私は毎日休む暇も無く自分を犠牲にして働くことが家族の為であると思っていました。

しかし私が身を削って働くことを家族は求めていないことに気が付き会社を辞める決意をしました。

会社をやめようとして退職願いを上司に提出するのがとても嫌だったのを今でも忘れられません。

初めて退職の意思を会社に伝えてから辞めるまでは、7ヵ月半かかりました。

退職願いを初めて提出してからは2ヶ月後に会社を辞めています。

退職願いを書くまでは順調でも

いざ渡そうと思ってもタイミングを見計らいすぎて

なかなか渡せない方もいるのではないでしょうか。

私も緊張しながら上司に退職願いを提出した際に

上司から退職願いを突き帰された経験があります。

会社を辞めるのにあたり、辞めさせないと言われた経験がある方や、

圧力をかけられている方に向けて私が会社をやめた方をお話します。

【結論】退職願いを突き返されても会社を辞めることは可能

結論から言うと、退職の意思さえ伝えれば会社を辞めることは可能です。

もちろん口頭でのみ退職の意思を伝えたとなると、聞いていないと言われかねないので書面で提出するのが一番です。

しかし、私のように退職願いを突き返されることもありますが、会社を辞めることは出来ます。

退職届けとして会社に郵送すれば会社は拒否出来ないので郵送するのも一つの手段ですが

自分は何としてでも会社を辞めると言う強い意志を押し通す事が重要です。

それが駄目だった場合の最悪の手段として、退職届けを郵送しましょう。

仕事始めに無断欠勤【退社までのカウントダウン】

年末年始の休暇もフル出勤で休んでいられないほどの仕事量を抱えたまま連休に入り、連休になっても毎日仕事をしていました。

年を越すのと同時に精神的に限界を迎えてしまいました。

仕事を消化できないまま仕事始めを迎えましたが、今後も同じ様な日々を過ごすのはもう嫌だと思い、初めて無断欠勤しました。

社会人としては失格ですが、それくらい限界だったのです。

自分の身を滅ぼしてまで仕事を続けて家族にも批判される日々は本当に毎日苦痛でした。

仕事を休み、ハローワークへ行き、転職に必要な書類の準備をして一日を過ごしました。

その日は良い求人は見つかりませんでしたが、夕方になり転職する気持ちも固まったので会社にメールで

「今日はお休みして申し訳有りません。明日は出社します。」と連絡を入れました。

次の日会社へ行き、朝イチで上司に呼び出されて面談が始まりました。

説教をされるのではなく、上司も最初から何故欠勤したかは悟っていたようでした。

このときに今の様に働き続けていくことは出来ないので仕事を辞めたいと伝えました。

上司からは今後は働き方を改善すると言うことを話されましたが、実際は変わることはありませんでした。

転職活動を始めて5ヶ月で内定をいただくことが出来ました

転職活動を始めてから5ヶ月目で希望に合う求人を見つけることが出来ました。

仕事をしながら求人を探していると、仕事が忙しいときに希望に合う求人内容があっても見つけられないこともあります。

気になる求人があっても、履歴書や職務経歴書の準備をしていないと応募に間に合わない可能性もあります。

事前準備をしっかり行ったうえで転職活動を行った結果、内定をもらうことが出来ました。

 

退職願を出したら突き返される

会社を辞める旨を上司に伝えて退職願を出すと、受け取れないと退職願を突き返されました。

理由は、退職願いは形式的なものだから無くても大丈夫とのことでした。

思ったよりは強く引き止められることはありませんでしたが

退職願いはかたくなに受け取らないと言われたので

2ヵ月後にやめることを伝えてその日は話が終わりました。

 

1ヶ月たっても音沙汰無し

上司に話をした際に、社長にも会社を辞める旨を伝えるとのことでしたが

1ヶ月経っても音沙汰ありませんでした。

おそらく上司は誰にも私が辞めると言うことを言っていないようでした。

おかしいと思いつつも、余計な波風はたてずに引継ぎの準備を進めていました。

退社2週間前に社長へ直々に話をしに行く

退社後すぐに転職先へ勤務するスケジュールを組んでいたので、退職日が近づくに連れて少しずつ焦りが出てきました。

さすがに2週間前になっても上司のアクションが何も無いので、社長へ直々に話しをしに行くとやはり話しが言っていなかったのです。

急遽取締役や、管理職の3人と面談することになりましたが、転職先が決まっているのでやめる気持ちは変わらないことを伝えました。

この時思っていたのが、残り2週間は毎日大荒れになるだろうと思っていました。

ここを我慢すればブラック企業と決別が出来るのだと思い、完全に腹をくくっていました。

前職の上司や、取締役に物怖じせずに意見を伝えることが出来たのは、完全に開き直っていたからでした。

 

社長と話途中で逃げられる

退職する前々日までやはり、毎日色々な人と面談しましたが、かたくなに辞める決心は変わらないと伝えました。

最終的に再度社長と話すことになりました。

有給が1ヶ月分残っているから転職先にもう1ヶ月待ってもらい、有給消化をするよう勧められました。

もちろん有給は惜しいですが、会社を辞めて転職先での仕事をスタートさせることが優先でしたのではっきり断りました。

何かと付けて辞めさせないように誘導された挙句、話しの途中に社長がいなくなりました。

会社内をしばらく探しても見当たりません。

一度仕事に戻り、30分後にようやく社長を見つけることが出来ました。

もう一度話しをした結果、明日までもう一度考え直して欲しいと言われました。

考えが変わらないようなら退職願を出すよう言われて話しが終わりました。

退職日の前日に退職願いを提出

当たり前ですが、考えが変わることは無かったので、退職前日に社長へ退職願いを提出しました。

ここで、やっと退職願いを受けとってもらうことが出来ました。

退職前日にもなると、さすがに周りからの引き止めも無くなり比較的平和に一日を過ごすことが出来ました。

社長からの最後の一言

退職日に社長が先に帰っていったので

挨拶するために追いかけて

『今までお世話になりました。恩を仇で返すようになってしまい申し訳ありませんでした』

と伝えましたが、社長の口からは『まぁ元気でやれや』の一言でした。

社長にとってはどういう意図で言ったのかわかりませんが

唖然とする最後の一言でした。

 

あなたは「会社を辞める!」強い意志を持っていますか?

ブラック企業をやめるのはかなりのエネルギーを消費します。

私の実体験からも、ブラック企業を辞めることは大変だということが伝わったと思います。

ブラック企業を退職までの道筋は一筋縄では行きません。しっかり腹をくくり、

辞めたい意思をしっかり伝えましょう。

例え強引になってしまったとしても、辞めると言う気持ちはブレ無いでいてください。

一度行動を起こすまでは決意が必要ですが、動き始めれば勢いが付きます。勢いがつけば、開き直って退職の意思を話せるようになります。

会社を辞めたくても辞められない方に参考にしていただければと思います。

私が強い意志を持って退職の意思を伝えることが出来たのは、転職先がすでに決まっていたというのも理由の一つです。

転職先が未定であれば、どうしても相手の言い分も聞いてしまうところもあると思います。

自分の気持ちを固めると言う意味で転職先を事前に決めておくと会社を辞める話しを余裕を持って進めることが出来ます。

即日退社をサポートする退職代行サービスと言うものが存在します

先ほども言いましたが、ブラック企業を辞めるのはかなり大変で、エネルギーを消費します。

ブラック企業で働いている人は、ただでさえ疲れ切っているのに辞める為のエネルギーを蓄えられずにいる人も多いです

そんな方にぜひ使ってほしいサービスです。

ブラック企業に入社したことで、大きく人生が狂い始めていると思いますが、最小限に被害を食い止めましょう。

退職代行サービスを使えば、ブラック企業でも簡単に辞めることが出来ます。

本来仕事を辞める際は、本人が上司に直接伝えます。

退職日を決定し、引継ぎを行ってから会社を去るのが通常の辞め方です。

しかし、このような辞め方をさせてくれないブラック企業が圧倒的に多いです。

私自身も、退職届けを突き返された経験があります。

 

私は会社を半ば強引に辞めることが出来ました。

退職するまでは『本当にこの会社を辞めることができるのだろうか?』と思っていました。

ブラック企業で勤務している人にしかわからない感覚だと思いますが、ブラック企業では会社を辞めることはとても難しいことなのです。

退職代行サービスをお願いすれば、確実に会社を辞めることが出来るそうです。

ブラック企業を辞める際に、会社とのトラブルになることを恐れる人も多いですが、そのようなトラブル解決にも仲介に入ってもらえます。

『会社が損害賠償を払えと言ってくる』『契約違反だ』などと言って会社を辞めさせないブラック企業が存在する今の時代では本当に心強いサービスだと思います。

私自身が会社を辞める際にこのサービスがあれば是非とも使用したかったです。

退職代行費として5万を払わなくてはなりませんが、退職交渉をする時間と精神的負担を考えたらかなり安いです。

私がブラック企業を辞める際は『ボーナス全額返しても良いから辞めさせてほしい』と言ったこともありましたので、ボーナスに比べれば安いものだと思います。(実際に返すことはありませんでした。)

退職代行サービスはの利用方法はこちらで紹介しています。

-退職方法

Copyright© FAワーキング , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.