転職

毎日深夜まで残業するのはもう嫌だ。。長時間残業をやめる方法を紹介

更新日:

朝から仕事をして毎日深夜まで残業するような生活は健康に悪影響を及ぼします。

この記事は、毎日深夜までの残業をやめたいと思っている方に向けて書いています。

 

私も以前に毎日午前の1時過ぎまで残業していたときがありました。

毎日仕事ばかりで子供に父親を認識されなくなるような深い悲しみを経験しました。。

このような悲しみを他の人には味わってほしくないため、本当に深夜まで仕事をするのは辞めてほしいです。

 

毎日の長時間労働で失う4つの大切な時間

人生の中で仕事に費やす時間は膨大です。
定年するまでは、寝てる時間に継いで仕事をする時間が長いのではないでしょうか?

人生の中では、仕事の他にも家族や友人と過ごす時間や、趣味の時間も大切にしなければなりません。

 

深夜まで残業することで失うものは膨大です。

  • 家族や友人と過ごす貴重な時間を失う
  • 趣味の時間を失う
  • 睡眠などの休息時間を失う
  • 健康な心身を失う

このようなものを失ってしまっては、何のために仕事をしているかわかりません。

重度の場合は、仕事によって人生が崩壊してしまいます。

 

このようにならないためには深夜まで残業をする生活をやめなければなりません。

 

家族や友人と過ごす貴重な時間を失う

家族や友人と過ごす時間はとても貴重です。

他人と同じ時間を共有することは今しかできません。

 

あとから『あの時一緒にいたかった』と思っても叶うことのはありません。

家族と一緒に過ごす時間を大切にすることは仕事を定年してからも貴重な思い出となり残り続けることができるでしょう。

 

 

家族で過ごす時間を失うことは長時間労働だけではなく、単身赴任も同じになります。

単身赴任も貴重な家族と一緒にいる時間が奪われてしまいます。

あなたがそのような働き方を望んでいないのであれば、働き方を変えることを考えたほうがいいです。

今はリモートワークで家にいながらできる仕事がたくさんあるのに、わざわざ家族の時間を失ってまでも単身赴任するメリットはありますか。

家族と一緒に過ごす時間以上に大切なものを得ることが出来るならばかまいませんが、単身赴任を我慢しているかたは働き方を改めましょう。

 

趣味の時間を失う

趣味を持つことは人生をとても豊かにしてくれます。

仕事だけをすることが人生ではないので、仕事以外の部分で生きる目的を持っている必要があります。

人間の価値は仕事で決まるものではありません。

しっかり趣味を満喫した人生を歩みましょう。

 

睡眠などの休息時間を失う

からだを休める時間を確保できないと、仕事に集中することもできませんし、疲れていると人間関係が悪化する要因にもなります。

 

休む間もなく働いている人は、趣味の時間を確保する前に、休息を取り、仕事のパフォーマンスをあげていかなければなりません。

 

睡眠不足だと集中力が落ちるということは、海外の大学の研究結果でも実証されています。

会社の為に睡眠時間を削って仕事をすることは、会社に貢献することに繋がらないということです。

 

しっかり休息をとって仕事で成果をあげられるように長時間労働は辞めるべきです。

 

健康な心身を失う

睡眠時間の確保と重複しますが、長時間労働は体の調子を悪くします。

実際に、45時間以上の労働は、心臓病等の生活習慣病のリスクを高めるために規制されています。

 

会社の為を思って残業して病気になったとしても、会社は面倒を見てくれるわけではありません。

病気になって、治療費に膨大なお金を払うことになってしまっては、なんのために仕事をしているのかわからないですよね。

重度の病気であれば仕事も辞めなければならないこともあります。

 

また、ストレスによるうつ病のリスクも長時間労働が要因になります。

会社の為に長時間労働をして、うつ病になり、会社を辞めなければならいことになる人生をあなたはどう思いますか?

わたしは会社に人生を奪われたくありません。

 

わたしと同じ考えの方は、長時間労働を明日から辞めるべきです。

 

 

長時間残業をやめて自由な時間を手にする方法

深夜まで残業をする生活をやめる方法は一つです。

 

今の働き方を変えて早く帰ることです。

 

どのように働き方を変えるかは、自分に合った決断をすべきです。

 

  • 今の職場で自分の働き方を変える
  • 今の会社をやめて転職することで働き方を根本的に変える。

 

自分で行動を起こさないと長時間残業は辞めることはできません

どちらにしても、自分から行動を起こさなければ何も変わりません。

今までのように、長時間労働を辞めたいと思うだけでは何も変わらないのです。

 

本当は早く帰りたいはずなのに実現できないのは、自分が行動できていないからです。

膨大な仕事量や責任から逃れることが出来ないから長時間労働になっているのですが、一度そこから逃げ出してみてください。

 

仕事から逃げ出してみると、会社では仕事のやり方について問題視されるかもしれません。

しかし、仕事以外のあなたの環境は変わらないはずです。

 

残業を辞めることにリスクはあるのか?

長時間労働を辞め、早く帰宅する生活をしたとしても、クビになることはないでしょう。

残業代が少し減るだけで給料が半分になることもないでしょう。

職場からは白い目で見られるかもしれませんが、あなたの本当の価値は変わりません。

 

残業を辞めるメリットは大きい

仕事から早く帰るメリットはかなり多いです
逆に嫌なはずの長時間労働を何故してしまうのでしょう?

仕事だけをしていても、人生は満足でしょうか?

仕事が好きな人もいれば嫌いな人もいると思いますが、どちらにせよ長時間労働は良くありません。
しっかりとメリハリを付けなければ仕事の成果に繋がりません。

家族の時間や趣味の時間が人生を豊かにするのです。

長時間労働はストレスの原因だけではなく、身体的な疲労にも繋がり、健康面でもリスクしかありません。

長時間労働はこんなにデメリットしかないのですから自分で行動を起こして早く帰りましょう。

 

世間ではどうやって残業時間を減らしているのか?

実際に残業時間が減った理由のデータがdodaで紹介されていたので下図を見てください。

dodaより引用

残業が減る理由で一番多いのは会社の制度が変わったことです。

今の会社で制度が変わる見込みがある方は、会社を辞める選択をしなくてもよいかもしれません。

しかし、今の会社で変わる見込みがない人は、今後も残業が減ることは考えにくいです。

 

早く帰ることが職場で許されない場合

早く帰ることで職場から文句を言われる場合は、転職することを決断しましょう。

この先ずっと長時間労働することにメリットはありません。

 

長時間労働をして成果を上げ続けることが出来る人ならば、転職するは絶対難しくありません。

しかし転職することで、給料が下がりローンが払えない方や、生活できないというかたは、生活の質を下げるしか方法はありません。

転職することのデメリットもありますが、長時間労働を続けるデメリットに比べたら間違いなく幸せな人生を歩むことが出来ます。

 

深夜までの残業をやめるべき理由のまとめ

 

深夜までの残業では失うものは膨大です。

  • 家族や友人と過ごす貴重な時間を失う
  • 趣味の時間を失う
  • 睡眠などの休息時間を失う
  • 健康な心身を失う

このような貴重なものを失ってまで、会社に従う必要はありません。

まわりに合わせて働くのではなく、本当に自分が幸せになれる方法を考えて仕事をしましょう。

 

転職方法はこちらの記事で紹介しています。

転職サイトの応募手順を画像付きで紹介【高卒工場勤務の私の転職時の事例】

 

転職を考えている人は、下記の転職サービスを利用して転職先を探しましょう。
急いで会社を辞めてしまうと、転職先が見つからなかったときに不安になります。
転職先がじっくり見定めるためには複数の転職サイトを利用することで正しい決断が出来ます。

ミイダス

ミイダスとは、『doda』を運営しているパーソルキャリアと、グループ内ののミイダス株式会社が提供している転職サービスなので信頼できる転職サービスです。
一般的な転職サイトと異なり、以下のような独自の機能を搭載していて、スマホで手軽に使えるのが最大のメリットです。
自分の市場価値がわかり、求人オファーを受け取ることができるのも特徴です。
複数の質問に回答するだけで、自分の市場価値を把握することができます。
適正年収を調べたり、算出する方法はたくさんありますが、こんなに簡単に表示してくれるのはミイダスだけです。

マイナビエージェント

エージェント界のナンバーワンはリクルートですが、キメの細かいサービス、アドバイスを提供してくれます。
dodaやリクルートに比べると、良い意味でエージェントの押しが弱いです。
転職エージェントはハッキリ言って『まずは面接を受けてみましょう』と言うながれに持っていきたがる担当の方が多いです。
しかし、マイナビエージェントは無理強いは一切せずに、希望条件をしっかり聞いてくれます。
希望を詳しく聞いてくれるので、『希望に完全一致する求人は当社ではありませんがいかがなさいますか?』と言ってくれるほどです。
押しが強いエージェントは希望にあっていなくても『おススメです』と求人紹介をしてくるので私はマイナビエージェントさんとの転職活動はとてもやりやすかったです。
私が大企業への転職成功することが出来たのはマイナビ転職のおかげです。 適正診断や、職務経歴書の添削、面接対策も個別で対応してくれます。
エージェントではないので、メールのやり取りや、電話相談ではないが気軽に出来るのがメリットだと思います。
転職エージェントは親身に相談にのってくれたりしますが、やはり合う合わないが、あります。
マイナビ転職は、他の転職サイトと比較すると、かなりメルマガの回数が少ないです。
転職サイトに登録したいけど、メルマガが頻繁に来るのが嫌と言う方には是非おススメします。

リクナビNEXT

求人数が多く、ノウハウも多いリクルートと言えば自他共に認める転職ガリバー起業の転職サービスです。
求人数が多いので、希望条件を設定しておけば、条件が合う内容の求人がメルマガで送られてきます。 求人数ナンバーワンだけあって、メルマガの頻度のかなり頻繁に来ます。
  メルマガが頻繁に来るのが嫌な方にはおススメしません。
エージェントと連絡のやり取りする時間がないほど多忙な方にはかなりおススメの転職サイトです。
リクナビNEXTは条件さえ設定すれば、自分が積極的に転職活動を行わなくても、求人をどんどん紹介してくれるのが最大のメリットです。

リクルートエージェント

ガリバーと言われるだけあって対応が早く、求人数も多いです。
積極的に着てもらうのが嬉しい方にはピッタリな転職エージェントです。
リクルートエージェントの非公開求人数は業界最大級です。一般職は非公開求人になるので、非公開求人が多ければ多いほど良いですよね!
それに加え、リクルートエージェントはとにかくサポートを親身になってしてくれます。カウンセリングもしっかり行ってくれ、一般職の求人紹介とアプローチを教えてくれます。

doda

使い易さでは、dodaが一番オススメです。
転職サイトとしても利用できるのはもちろん、エージェントサービスへの移行も簡単にできます。
転職サイトとして使用し、気になる求人があった時だけエージェントサービスを利用することも可能です。
リクナビやマイナビも転職サイトとエージェントがありますが、別のサービスということで、転職サイトにしかない求人はエージェントサービスを受けることができません。
しかしdodaなら一貫したサービスなのでとても手厚い支援を受けることができます。
dodaは気軽に転職サイトとしても使えて、頼りたいときにエージェントサービスが利用できるのがオススメです。

パソナキャリア

私自身、転職と言ったらマイナビ!と言うイメージが強かったのですが、転職エージェントは複数登録していたほうが、良い求人にめぐり合える確立はあがります。
転職したいけども、気になる求人がない人は多数の転職サービスを利用おくと、希望の求人に巡り合うことができます。
私が転職した際も、複数の転職サービスを利用していましたが、マイナビ転職にしか求人掲載はありませんでした。
このようなことは十分あり得るので、急いでいないがいい求人を探しているという方は複数のエージェントサービスを使用することをおすすめします。

-転職

Copyright© FAワーキング , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.