転職

転職サイトの応募手順を画像付きで紹介【高卒工場勤務の私の転職時の事例】

更新日:

転職サイトを利用してどのような手順で転職をするの?

転職サイトを利用して本当に転職できるの?と言う疑問に対して実体験をもとに転職サイトを利用した転職体験談を紹介します。

 

どのように企業とやり取りを進めていくかを私が転職した際のやり取りを画像付きで紹介します。

 

転職サイトで応募する際にどのようなやり取りをしているかを画像で細かく紹介している記事は他にはありませんので是非参考にして下さい。

 

転職サイトを使用した転職手順【10ステップ】

転職サイトを利用した転職手順は、下記の10ステップです。

 

  1. 転職サイトに登録
  2. 応募したい求人を決める
  3. 応募書類の作成
  4. 希望の求人先に応募する(書類選考
  5. 書類選考の結果連絡
  6. 選考試験
  7. 選考結果連絡
  8. 内定受諾連絡
  9. 転職先へ入社準備
  10. 入社

 

転職サイトに登録

まずは転職サイトに登録しなければ、転職活動は始まりません。

登録時に現在働いている会社の情報や職務経験を入力する必要があり、めんどうに感じるかもしれません。

しかし、登録時に情報をしっかり入力しておけば、あとから応募書類を作る際に楽になります。

めんどくさがらずに情報入力をすることをおすすめしますが、あとから編集することも可能ですので、どうしても時間が無い人は必要最低限の情報を入力し、あとから編集してください。

 

現在就業中の会社を入力することで、転職活動をしているのが会社にバレるのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。

スカウト機能がある転職サイトでは、自分の情報がスカウト先で見ることが可能になるので下記の設定をすれば転職活動をしていることが会社にバレることはありません

  • スカウト機能をオフにする
  • 現在勤めている会社を非公開設定にする

この設定をしていれば、会社にバレずに転職活動が出来ます。


応募したい求人を決める

転職サイトに登録したら、希望の条件を選択し転職した企業を探します。

勤務地や、勤務条件、職種などの様々な条件を選んで検索します。

 

気になる求人があったら、会社についても調べてみましょう。

詳しくはこちらの記事で紹介していますが下記5点を転職口コミサイトや企業のWEBサイトを使って調べることで、応募したい企業で本当に自分がやりたいことが実現できるか判断できるようになります。

転職はリスクが伴うので、情報収集はしっかり行って転職を失敗しないようにしましょう。

 

  • 取引先
  • 業界事情
  • 労働環境
  • 給料
  • 離職率

 

参考記事:入社したい会社を見つけたら企業情報を集めましょう

応募書類の作成

転職サイトを利用する場合は、応募書類を紙で郵送するのではなく転職サイトで作成したweb履歴書、職務経歴書が応募書類になります。

転職サイトを利用する場合は、応募書類を作成するのに参考になるモノが多いので有効に活用していただきたいです。

 

  • 既存のフォーマットに入力していくだけで応募書類が作成できる
  • 業界ごとに応募書類の事例
  • 応募書類作成時のノウハウ記事
  • 応募書類の添削サービス

 

転職サイトを活用すれば、一人で応募書類を作成するのに比べたら半分以下の時間で応募書類の作成が出来ます。

私はブラック企業から転職した際は、ハローワークを使用しましたが、応募書類の作成に2週間程かかりました。

毎日深夜まで残業している中で睡眠時間を削って応募書類を作成するのは本当に大変でした。

 

しかし、転職しなければ自分に明るい未来は存在しないと確信していたので、転職が決まるまでは苦労に耐えしのぎました。

 

私のような苦労をしないためにも、転職サイトを有効に活用して転職活動に余裕をもって取り組んでいただきたいと思います。

 


希望の求人先に応募する(書類選考)

 

応募先が決まり、書類作成が終われば応募するのみです。

応募する=書類選考が始まるということになります。

 

応募が完了したら下図のようなメッセージが来ますので、選考結果を待ちましょう。

 


書類選考の結果連絡

 

応募後は書類選考の結果を待つのみです。

10日~2週間程度は時間がかかるので、待ちきれない思いを我慢して待ちましょう。

 

書類選考の応募結果は下図のようなメッセージで転職サイト経由で送付されます。

 

2週間以上経っても返事がない場合は転職サイトに問い合わせてみてください。

私は過去に既に選考結果が出ていたにも関わらず、転職サイトから連絡が来ないということがありました。

転職サイトに問い合わせてみたところ、選考結果が出ており、不採用だったということがありました。

 

書類選考の結果が来なくても、書類選考通過後の面接対策や筆記試験対策を事前に行うかたは多いと思います。

努力が水の泡にならないように、2週間以上経っても選考結果が来ない場合は問い合わせるようにしましょう。

 


選考試験

書類審査を通過することが出来れば、選考試験へと進むことが出来ます。

下記のような連絡が来ますので、筆記試験と面接対策をしたうえで選考試験に臨みましょう。

 

選考試験は面接だけの場合もあれば、筆記試験、適性検査など、企業によって違いがあります。

私はSPI2の本2冊と、面接関係の本を4~5冊読み、転職サイトの情報をかけ集めて試験に臨みました。

 

 

どのような選考試験があるかは、事前に企業から連絡が来ないこともあります。

私は事前に選考試験の内容の連絡はなく、以下の選考試験が実施されました。

 

  • 一般常識
  • SPI2
  • 英語筆記試験
  • 1次面接
  • 2次面接

 

包み隠さずに伝えると、私は筆記試験の結果は散々でした。。

それでも採用されているので、面接による適正の方が重視されてたと思います。

筆記試験も、採用基準に全く関係が無いことはありませんが筆記試験がダメなら必ず不採用と言うことはないようです。

 

選考結果連絡

選考試験が終わったら結果を待つことしかできません。

書類選考と同様に10日~2週間程度待ちましょう。

 

私が過去にハローワークを利用して転職した時は、選考試験日当日の夕方には採用連絡が来ましたがそのようなことは稀です。

2週間たっても連絡が無い場合は転職サイトに問い合わせてみましょう。

 

選考試験の結果は下図のように転職サイト上でメッセージが届きます。

 

正直選考結果が採用だったのには驚きました。

『ここから人生が変わる!』と確信を持ちました。

 


内定受諾連絡

採用連絡が届いたら、応募先企業に内定の受諾連絡をします。

どのような文面で返信をすればよいのかとても迷いました。

 

私と同様に迷ってしまいそうな方は下図を参考にしていただければと思います。

 

希望の転職先に合格したというのは本当に夢のような気持でした。

転職と言う道を選んで本当に良かったと思いました。


転職先へ入社準備

内定受諾の連絡をした後は、転職サイトを介さずに直接転職先とやり取りを行います。

入社日の連絡や、入社準備に必要な書類を送付します。

 

  • 家族構成
  • 健康診断結果
  • 制服のサイズ
  • 社員証用の写真送付
  • 住民税の変更届

 

このようなやり取りを行いながら入社日まで、転職前の会社に退職し有給消化をしながら過ごしました。

 

転職サイトの求人へ応募した理由

改めて私が転職サイトを使用した理由は、特定の転職サイト(マイナビ転職)でしか希望の求人が見つからないかったことです。

  • マイナビ転職にしか掲載されていない求人が自分の理想条件とマッチした

 

これだけです。

数多くの転職サイト、転職エージェントに登録した方が希望の求人に巡り合える可能性は高くなります。

求人をだしている会社が全部の転職サービスに求人掲載しているわけではありません。

似たような転職サイトでも、掲載されている求人には違いがあります。

自分の希望の会社に巡り合う為には、多くの転職サービスを利用することが近道になることもあるということです。

しかし、複数の転職サービスを利用するには登録に時間がかかるというデメリットもあります。

 

それでも転職と言うのは短期間で繰り返すことは、一般的にマイナス評価に繋がるので時間を惜しまずに転職活動をしました。

転職サイトを複数登録した結果、希望通りの転職ができました。

 今回は偶然にもマイナビ転職を使って転職を成功させることが出来たので、私の実体験からマイナビ転職を使用した転職手順について紹介しました。  

 

マイナビ転職を使った応募先とのやりとりは上記で紹介していますが、下図のうようにやり取りをしながら選考に進んでいきます。

マイナビ転職の良いところ【メリットを紹介】

マイナビ転職は、求人サイトでもかなり有名で登録している人も多く、メリットを紹介しなくてもご存じかもしれません。 数ある求人サービスよりも良かった点を紹介します。  

  • マイナビ転職に登録していればスムーズにマイナビエージェントを使うことが出来る。
  • 応募書類のサポートが得られる
  • 応募書類の書き方のノウハウを知ることが出来る

この3つがマイナビ転職のメリットになります。  

マイナビ転職に登録していればスムーズにマイナビエージェントを使うことが出来る。

マイナビ転職に登録した履歴書、職務経歴書をそのままエージェントサービスへ持ち込むことができます。

一から情報を入力する手間が省けるのは、仕事をしながら転職するのにはとても便利です。

転職サービスごとに情報を打ち込んでいくだけでも、時間がかかってしますので転職サイトからそのままエージェントサービスを利用できるのは大きなメリットです。

 

転職サービスは大きく分けると、転職サイトと転職サイトエージェントにわかれます。

転職サイトは自分で求人検索から応募までを行います。

 

転職のノウハウ提供や、応募書類の添削もしてくれますが、応募に対して特化したサポートではなく、一般的な有効な転職の進め方を知ることしかできません。  

 

転職エージェントは、エージェントに希望の条件を伝えて求人を紹介してもうことが出来ます。

応募するときはエージェントが企業に特化した応募書類のサポートをしてます。

応募書類のみではなく面接対策もエージェントがサポートしてくれます。  

 

転職に対しての知識がなくてもエージェントがサポートしてくれるので合格確率も格段に高くなります。    

応募書類のサポートが得られる

 

先ほど紹介しましたが、転職サイトは企業に特化したサポートは少ないのですが、マイナビ転職は業種に合わせた応募書類の添削をしてくれるサービスがあります。

 

転職エージェントとのやりとりは面倒だと思う人は、気軽に応募書類の添削サービスを使うことができるのでマイナビ転職の応募書類の添削サービスをお勧めします。

 

応募書類の書き方のノウハウを知ることが出来る

応募書類の添削サービスとは別に、マイナビ転職に登録していると転職ノウハウについて知ることが出来ます。

 

初めての転職ではどのように応募書類を記入するかわからない方が多いと思います。

 

そのような方に向けて、どうやって応募書類を作りこんでいくかを紹介しているので、転職時の情報収集にとても役に立ちます。    

マイナビ転職のデメリット

マイナビ転職に登録するデメリットは特にありません。

 

しかし、初めて転職サイトに登録する人にとっては、登録じたいが面倒に感じる方もいるかと思います。

 

転職サイトは数多くあるので、どの転職サイトをつかうか悩んでいる方はまずはマイナビ転職から登録するのが良いかと思います。

 

転職サイトに登録するのは面倒かもしれませんが、転職に失敗するリスクを取るのは危険です。

転職サイトに登録して納得のいく転職サイトができなければ、逆に人生を無駄にしてしまうので登録の手間は惜しますに使えるサービスがしっかり使ってほしいと思います。  

他に利用していた転職サービス

私は転職することを急いでいなかったので下記サービスも利用していました。

  • マイナビエージェント
  • リクナビネクスト
  • リクナビエージェント
  • doda
  • ミイダス
  • パソナキャリア
  • 工場ワークス

転職サイトに全く登録していない人がこれだけの転職サービスを利用しようとすると、登録だけでも時間がかかってしまいます。

まずはマイナビ転職に登録し、良い求人が見つからない場合は他のサービスも利用してみるという方法をお勧めします。

 

私がこれだけの転職サービスを利用していたのは、転職が初めてではないからです。

 

初めて転職した際に、既に多くの転職サービスに登録しており、複数の転職サービスを同時に使っていたからこそ8つもの転職サービスを使えていました。  

 

最初から多くの転職サービスを使おうとしても使いきれません。 まずは一つでも登録して転職活動をスタートしてください。

 

まとめ

私のマイナビ転職を使った転職についてまとめます。

 

  • 転職サイトを利用した転職手順の10ステップ
  • 特定の転職サイトでしか希望の求人が見つからないこともある
  • 複数の転職サイトに登録するのは手間だが希望の求人に巡り合える確率が上がる

 

転職しようと考えている人は私の経験を参考にしていただければ幸いです。    

最後に下記に私が利用していた転職サービスについて紹介します。

おススメ転職サービス

 
転職を考えている人は、下記の転職サービスを利用して転職先を探しましょう。
 
急いで会社を辞めてしまうと、転職先が見つからなかったときに不安になります。
 
転職先がじっくり見定めるためには複数の転職サイトを利用することで正しい決断が出来ます。
 

ミイダス

ミイダスとは、『doda』を運営しているパーソルキャリアと、グループ内ののミイダス株式会社が提供している転職サービスなので信頼できる転職サービスです。
 
一般的な転職サイトと異なり、以下のような独自の機能を搭載していて、スマホで手軽に使えるのが最大のメリットです。
 
自分の市場価値がわかり、求人オファーを受け取ることができるのも特徴です。
 
複数の質問に回答するだけで、自分の市場価値を把握することができます。
 
適正年収を調べたり、算出する方法はたくさんありますが、こんなに簡単に表示してくれるのはミイダスだけです。
 
 

マイナビエージェント

エージェント界のナンバーワンはリクルートですが、キメの細かいサービス、アドバイスを提供してくれます。
 
dodaやリクルートに比べると、良い意味でエージェントの押しが弱いです。
 
転職エージェントはハッキリ言って『まずは面接を受けてみましょう』と言うながれに持っていきたがる担当の方が多いです。
 
しかし、マイナビエージェントは無理強いは一切せずに、希望条件をしっかり聞いてくれます。
希望を詳しく聞いてくれるので、『希望に完全一致する求人は当社ではありませんがいかがなさいますか?』と言ってくれるほどです。
押しが強いエージェントは希望にあっていなくても『おススメです』と求人紹介をしてくるので私はマイナビエージェントさんとの転職活動はとてもやりやすかったです。
 
私が大企業への転職成功することが出来たのはマイナビ転職のおかげです。 適正診断や、職務経歴書の添削、面接対策も個別で対応してくれます。
 
エージェントではないので、メールのやり取りや、電話相談ではないが気軽に出来るのがメリットだと思います。
転職エージェントは親身に相談にのってくれたりしますが、やはり合う合わないが、あります。
マイナビ転職は、他の転職サイトと比較すると、かなりメルマガの回数が少ないです。
転職サイトに登録したいけど、メルマガが頻繁に来るのが嫌と言う方には是非おススメします。
 

リクナビNEXT

求人数が多く、ノウハウも多いリクルートと言えば自他共に認める転職ガリバー起業の転職サービスです。
 
求人数が多いので、希望条件を設定しておけば、条件が合う内容の求人がメルマガで送られてきます。 求人数ナンバーワンだけあって、メルマガの頻度のかなり頻繁に来ます。
 
  メルマガが頻繁に来るのが嫌な方にはおススメしません。
 
エージェントと連絡のやり取りする時間がないほど多忙な方にはかなりおススメの転職サイトです。
 
リクナビNEXTは条件さえ設定すれば、自分が積極的に転職活動を行わなくても、求人をどんどん紹介してくれるのが最大のメリットです。
 

リクルートエージェント

ガリバーと言われるだけあって対応が早く、求人数も多いです。
 
積極的に着てもらうのが嬉しい方にはピッタリな転職エージェントです。
 
リクルートエージェントの非公開求人数は業界最大級です。一般職は非公開求人になるので、非公開求人が多ければ多いほど良いですよね!
 
それに加え、リクルートエージェントはとにかくサポートを親身になってしてくれます。カウンセリングもしっかり行ってくれ、一般職の求人紹介とアプローチを教えてくれます。
 

doda

使い易さでは、dodaが一番オススメです。
 
転職サイトとしても利用できるのはもちろん、エージェントサービスへの移行も簡単にできます。
 
転職サイトとして使用し、気になる求人があった時だけエージェントサービスを利用することも可能です。
 
リクナビやマイナビも転職サイトとエージェントがありますが、別のサービスということで、転職サイトにしかない求人はエージェントサービスを受けることができません。
 
しかしdodaなら一貫したサービスなのでとても手厚い支援を受けることができます。
 
dodaは気軽に転職サイトとしても使えて、頼りたいときにエージェントサービスが利用できるのがオススメです。
 

パソナキャリア

私自身、転職と言ったらマイナビ!と言うイメージが強かったのですが、転職エージェントは複数登録していたほうが、良い求人にめぐり合える確立はあがります。
 
転職したいけども、気になる求人がない人は多数の転職サービスを利用おくと、希望の求人に巡り合うことができます。
 
私が転職した際も、複数の転職サービスを利用していましたが、マイナビ転職にしか求人掲載はありませんでした。
 
このようなことは十分あり得るので、急いでいないがいい求人を探しているという方は複数のエージェントサービスを使用することをおすすめします。
 

-転職

Copyright© FAワーキング , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.