退職方法

ブラック企業を辞めるのに必要なもの

投稿日:

ブラック企業を辞めるには

ブラック企業を辞めるにはどうすればよいのかを紹介します。 ブラック企業を辞めるためには、退職の意思を伝えるだけなのですが、とても難しいことに感じていませんか。

 

何故意思を伝えるだけなのに難しく感じるのでしょう?

 

あなたに感情があるからです。

感情がなければ、会社を辞めるのに必要な手順は退職届を出して事務的な処理をするだけなのです。

 

 

こんな簡単な手順が難しく感じるのは、『退職の意思を伝えたあとに私はどうなってしまうのだろうか』と不安に思うからです。 退職の意思を伝えたあとの未来を恐れていることが不安になっていませんか?

あなたが思う会社を辞めることに対する不安
  • 会社を辞めると伝えたら上司に怒鳴られる
  • 会社が辞めさせてくれない
  • 職場を裏切るような後ろめたさを感じる

この不安な気持ちに打ち勝つためには、事実を把握することが必要です。 どんな事実かと言うと、不安に思うようなことは一時的なものだということです。   会社を辞めることを伝えてから、退職日までの期間を乗り越えればあなたは自由です。

『会社を辞めたくても辞められない』とずっと思い続けるよりも、会社を辞めるまでの期間だけ我慢して、その後に自由を手にしたほうがいいと思いませんか?

 

 

 

辞める側も引き留める側のどちらも不慣れな手順が必要だから難しく感じるのです。 不慣れで手順がわからないことを行うときは、誰でも不安になります。

 

 

会社を辞める手順や会社を辞める方法を調べるだけでは不充分

 

会社を辞める為には『絶対にこの会社を辞める』と言う強い意志が必要です。

 

手順だけ知っていても、絶対に社員を辞めさせないと言う姿勢をもった会社と個人では戦っても負けてしまいます。 逆に辞めようとする強い意志があれば、手順なんてわからなくても辞めることは可能です。

 

 

この記事ではブラック企業を強引に辞めた経験と、大手の子会社の中小企業を辞めた経験から会社を辞めるために必要なことを紹介しています。

 

ここではっきり言わせてもらいますが、会社を辞める手順を知るだけなら他のサイトの方が詳しく書いています。

私が実際に2度会社を辞めた経験から会社を辞める心構えどのようにして準備していくか紹介します。

 

 

辞めるのに一番大変なのは辞めることを承諾してもらうことです。

先ほど説明しましたが、会社を辞めるには心構えが必要です。

しっかりと辞める意思を持ち、辞める意思を伝えて承諾してもらえれば退職の手順など調べる必要性などないことに気づいていただけると思います。

 

 

自分にとっての円満退職の必要性を考える

 

円満退職が理想だと言われがちですが、必ず円満退職しなければならないわけではありません。

 

正直なところ、円満退職ができるかは、日々の業務や職場環境で辞める前からわかりきっているはずです。

 

円満退職できる職場なら、わざわざ退職する方法を調べなくても、上司に正直に話せば退職する意思をわかってくれるはずです。

退職するための手順や方法を調べている人はきっと、退職するにあたって不安があるからです。

 

退職に不安があるのであれば、無駄なストレスや時間を費やすよりも退職代行サービスを使って辞めるべきだと思います。

 

私がブラック企業を辞めたときはかなり会社を揉めました。

当時は退職代行サービスなんて存在しませんでしたが、退職代行サービスがあったら間違いなく利用していました。

 

 

無駄なストレスや時間を費やすことを考えればお金を払って楽に会社を辞めるなんて願ったり叶ったりだと思いませんか?

私と同意見の方はこれ以上下記のページをみる必要はありません。

 

すぐにでも退職代行サービスを利用してストレス無く会社をやめるべきです。

 

 

円満退職したい場合どのような手順で会社を辞めるか

私の事例を交えて紹介していきます。

 

 

私が円満退職したときは下記の手順で会社を辞める手続きを進めました。

  • まずは退職事例を調べる
  • 退職意思表明
  • 退職届を提出
  • 引き継ぎ
  • 必要書類提出
  • 会社へ備品返却
  • 会社から書類をうけとる
  • 退職

 

 

事例を調べる

 

会社やめた経験がない人は、まずはさまざまな事例を知っておくべきです。

事例を調べなくても、社内で辞めていった人を目の当たりにしたことのあるかたは、辞めていった人を参考にしましょう。

 

最後は自分の意思でどのような手順で会社を辞めるのか決断する必要があります

 

何故事例を調べるのか?自分が想定出来ないことが起きるとパニックになります。

人の事例を見ることで、こうゆう苦労があるのか。。と知っておくことで心構えが出来ます。

 

 

例えば、私のように初めて提出した退職届けを突き返されることも有り得ます。パニックになりませんか?

事前に退職届けが返されることもあると思っていれば、動じずに対応できると思います。

 

しかし、先程も述べましたが、まるっきり事例通りはありえません。

色々な事例に対処できる心構えが必要です。

心構えすればするほど、不安で嫌になるならば退職代行サービスを使いましょう。

 

 

しかし、事例を調べたところで、事例と全く同じパターンでものごとが進むことはありえません。

無駄に嫌な思いをするよりお金を払ったほうが絶対いいです。

 

 

引き止めにあったら辞められなかったら不安があるなら退職代行サービスを使う最初から退職代行サービスをつかうのではなく、話がこじれたら使えばいいのです。

 

 

 

-退職方法

Copyright© FAワーキング , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.