退職方法

転職を成功させることで理想の生活を手に入れることが出来ます。

投稿日:

私が転職して良かったと思うことは理想的なライフスタイルを手にすることが出来たことです。

私の理想的な生活と言うのは、家族との時間を第一にした生活を送ることです。
仕事ばかりしていては、子供と過ごす時間が減ってしまいます。

子供の為に仕事をしているのに『お父さんは仕事のほうが大事なんだよね』と言うようなことは絶対言われたくないですよね。
自分の子供と一緒に出かけたり旅行にいったりするのは10年くらいありません。
3歳で物心がつくようになり、13歳になる頃には反抗期で親と出かけない子供も多くなります。
この10年を子供とどう過ごすかはとても重要です。

親子の絆を深めると言う意味でも、この10年で子供が大人になってからの関係も大きく変わります。

人は年老いていくと、一人で生きていけなくなります。子供にめんどうを掛けたくないと思う方でも、いつか子供の手を借りる時が来るかもしれません。そのときに子供とあなたの関係性はどうなっているでしょうか?

子供と関わりがあまり持てないまま反抗期を向かえ、わかりあえないまま自立し疎遠になるなんてことも充分有り得ます。

しかし、子育てには学費、生活費などの多くの出費があり、子供との時間を犠牲にして働くしかないと言う人もいます。

自分が今後どのような人生を送りたいかをよく考えて仕事とプライベートのバランスを両立できるようにし、理想の生活を送れるようにしたいですよね。

転職を成功させる為には目的をはっきりさせることが重要

ただなんとなくの転職では、転職後に『こんなはずじゃなかった』と言うことになりかねません。
仕事は生活の一部であり、転職すると言うことは自分の生活が大きく変わることになります。
どのような生活を送りたいかを明確にすること、転職希望条件が決まります。
まずはあなたの理想通りのライフスタイルと言うのを考えて見ましょう。

私の転職経験談を紹介させて頂きます。
私の場合は、転職前はブラック企業勤務でした。休日に休めるかどうかは週末までどれくらい仕事を終わらせることが出来るかで決まっていました。
その為、家族と週末に出かける約束や、友人と飲みに行ったりする約束も出来ませんでした。

休日を確保したい為に毎日日付が変わるまで残業していました。それでも土曜日は毎週出勤になり、日曜もほとんど休まずに毎日仕事をしていました。
給料に関しては、まわりと比較すれば良いほうでしたが残業代は40時間分までしか支給されず、休日出勤しても手当てはありませんでした。毎月100時間越えのサービス残業だったので、自給換算したらアルバイトのほうマシではないかと思ってしまうほどでした。

そんな日々から脱却する為に転職を決意し、希望する条件を3つに絞りました。

  1. 転職前よりも時間を確保できる環境
  2. サービス残業無し
  3. 休日が毎週安
  4. 定して休むことができる

正直いって当たり前の労働条件ですよね。しかし私にとっては決して当たり前ではなく、喉から手が出るほど欲していた条件でした。
今は転職して、この希望条件が揃った職場で働いていますが、この理想を手に入れらたかどうかは、自分の価値観に大きな影響がありました。
今では家族との時間もしっかり取ることもできましたし、子供たちと週末に出かける約束もできるようになりました。友人と飲みに行ったり、自分の趣味の時間を確保することが出来ました。

自分の理想通りの生活をしたいのであれば、労働環境、給料などの条件を良く考えて仕事をする必要があります。

今の生活が最も理想的でこれ以上の贅沢は望まないと言う方は珍しいと思います。
今よりもっと良い生活がしたい、もっと自由な時間が欲しいと考えるのが自然だと思います。

スキルから見て現実的な理想の給料知ることが重要

今よりも高い給料を貰いたいと思わない人はいないのではないでしょうか。
しかし、給料を上げると言うことは簡単なことではありません。

給料は仕事の対価なので、仕事のスキル、職種、会社によって違いが有ります。
年収1000万円欲しいと思っていても、可能な人と、そうでない人がいるもの事実です。

まずは自分の適性年収を知ることが一つの指標になります。
年齢、業界、職種でおおよその平均年収がミイダスでわかるようになっています。


この適正年収の面白い使い方があるので紹介します。
通常は、現状の自分の年収を知るために使うツールなのですが、40代、50代になった時の適正年収も知ることが出来ます。
自分がこのまま同じ業界で、同じ会社にいてもらえる給料に満足できるかどうか調べておくことは、今後のライフプランを考えるのにとても役に立ちます。
年を重ねるに連れて、子供の大学の学費や、その生活費、自分たちのマイホームや、老後の貯金など考えてみるといくらお金があっても足りないように思えます。

将来困ってどうしようも無いということにならないように、将来の年収を調べて、対策を打てるうちに対策を打つべきです。
自分の思い描いていた生活が出来ないかもしれないと思う方は、違う業種で適正年収を調べて、自分のライフプランに合う年収の業界へシフトしなければならない方もいます。
他業種へ挑戦するには、年を重ねるとハードルがどんどん高くなります。
早めに手を打つか、自分のライフプランを見直すようにしましょう。

私の現在働いている会社では、給与テーブルと言うものが存在し、学歴、雇用年収、年齢、役職で貰える給料が決まっています。
給与テーブルを見れば、将来の自分が貰える給料がわかるようになっているのです。
平均と比較しても少し高い給料がもらえるようなので、給料に関しては、現在不満を持っていませんが。交代勤務で夜勤をしていることが将来続けていけるかネックになるところではあります。

仕事とプライベートの時間の割合

就業時間も生活に直結する条件です。
平日にシフト製で休みがある会社もあれば、土日祝日休みの会社もあります。
仕事が多様なので、それだけ休日が多様な会社も多いのです。
残業を毎月40時間している人もいれば、全くしていない人もいます。休日出勤も同様です。

残業や休日出勤などで、労働時間が増えると、自分のプライベートな時間は減ってしまいます。
時間外労働に関しては、企業によっては原則無しの場合もあれば、毎日残業するのが当たり前になっている会社があるので、仕事とプライベートの時間の割合を重視する為には入社前に企業の労働体質を知っておく必要があります。

私の元の職場は、土日祝日が休日でゴールデンウィーク、夏季休暇、年末年始休暇がある会社でしたが、休日出勤があまりにも多すぎる会社でした。
週末に休めるかどうかも直前までわかりませんでしたが、長期連休も出勤なのか直前までわからないので休日の予定が立てられずにいました。

残業時間も、毎月150時間超えの過労死レベルで働いていた為、プライベートな時間なんて存在しませんでした。
今思うと、心身共によく病気にならなかったと自分でも関心します。

転職後は、会社で残業時間を厳しく管理している為
多くても80時間、通常は45時間以下に抑えるよう言われています。
休日出勤に関しても、毎月休日出勤がある日が決まっており、用のある日は事前に連絡すれば
休みを確保することが出来るので休日の予定も立てられるようになりました。
おかげで子供の行事にも参加できるようになり、家族で過ごすことが出来る時間がとても増えました。

仕事のストレス

職場のストレスは実際に働いてみないとわからないところではありますが、
今の仕事が原因で強いストレスを感じているのあれば対策が必要です。
過度なストレスは、心身共に病んでしまう原因になります。

ストレスは悪でしかありません。
ストレスがある日々が続くと、いつの間にか『世の中のこんなものだろう』と思って受け入れてしまうのが人間の防衛本能なのでしょう。しかし、世の中にはストレスを抱えずに出来る仕事がたくさんあります。

私自身も転職前と比べるとストレスなんてものは無くなったと言えるくらいストレスを感じることは無くなりました
前職では、通勤時の混雑、毎朝の苦痛な朝礼、馬の合わない上司、客先からのクレームなどのストレスフルな毎日を送っていました。
正直言って転職してみるまでは、仕事とはストレスを我慢し、抱え込んだまま一人で孤独に取り組むものだとさえ思っていました。
今のような一人への仕事の負担が細分化され、個人ではなく、組織で仕事をすると言う環境が考えられませんでした。
世の中そんなに甘くないと思っていたのですが、自分が異常な環境にいたせいで気付けなかったのです。

まとめ

転職することで自分の生活は大きく変化します。
良くも悪くも変化する可能性があるので、自分にとって何が本当に大切でそのような生活を送りたいのかをよく考えて転職することで今よりも良い生活ができます。
私自身も今の職場よりももっと良い職場があると思っていますので、私自身も理想の生活をイメージしながら転職情報を集めています。





-退職方法

Copyright© FAワーキング , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.