転職

大手の子会社に転職するメリット【ブラック企業から子会社に転職した実例紹介】

更新日:

本当は大手に転職したいけど、応募出来るのが子会社しか無くて悩んでいます
大手の子会社ならば、給料が劣っても福利厚生などの恩恵が受けられるので好条件で働くことが出来ます

 

転職時に企業の規模は気になるポイントですよね。

 

大きい会社は良い条件で働けるが、小さい会社は条件が悪いと思っていませんか?

大企業であれば一般的な給料と労働量が保証されていると感じるのは間違いではありませんが、企業規模と比例して条件が必ず良くなるこは限りません。

 

中小企業でも大手の子会社であれば、安定した環境で働くことが出来ます。

 

大手の子会社は転職先として手が届きやすい

親会社に入社することは難しくても、大手企業の子会社に転職することは比較的容易に出来ます。

 

大手企業の子会社とは言えども名目上では別会社ですから、待遇の差はあります。

それでも親会社の無い中小企業と比較すると福利厚生もあり、給料やボーナスも安定しています。

 

親会社と言う後ろ盾があるので、企業経営も比較的安定しています。

 

希望条件に合う大手企業が無い場合は、大手の子会社に転職することは選択肢として間違いではないと思います。

 

大手企業への転職はハードルが高い

大手企業への転職のハードルは高いです。

今では大手の求人案件も珍しくありませんが、学歴や実務経験のハードルが高いので誰でも転職出来るわけではありません。

 

しかし、実務経験を活かして転職すれば、不可能ではありません。

転職は実務経験が評価されるので、新卒では入社出来なかった企業への転職が可能なケースもあります。

 

大手企業の子会社に転職した私の実例を紹介します。

私はブラック企業から大手企業の子会社へ転職しました。

欲を言えば大手企業に転職したかったのですが、当時の私が応募出来る大手企業はありませんでした。

 

『ブラック企業ではもう働きたくない』と思った私は、大手の子会社ならブラックな労働を強いられることはないだろうと思いました。

大手企業の子会社がブラック企業だったら大手の看板に泥を塗ることになるので、子会社でもコンプライアンスは守られていると判断しました。

 

実際に大手の子会社では福利厚生も充実しており、給料もボーナスも安定していました。

 

ブラック企業で働き続けるなら、大手の子会社に転職して本当に良かったと思います。

 

大手企業のメリット・デメリット

大手企業で働くことはメリットばかりではありません。

もちろん、世間体や安定した給料が貰えるメリットがあるのは事実です。

しかし、デメリットとして大手ならではの転勤や、異動などもあり得ます。

 

自分が理想とする働き方とマッチしているかを判断して転職先を選ぶ必要があります。

子会社のメリット・デメリット

子会社で働くメリットは福利厚生や給料が親会社と同等に受けられることです。

デメリットは、親会社に比べて給料が劣ると言うことです。

 

あくまでも子会社ですので、親会社と全く同じ待遇ではないと言うことになります。

 

子会社の年収は親会社よりは低いのが事実ですが諦める必要は無い

親会社よりも給料が劣りますが、諦める必要はありません。

 

子会社の方が中途入社でも出世がしやすいからです。

親会社で評価されずに給料が伸びないよりは、子会社で出世した方が給料が高くなることが充分にあり得ます。

 

人が多い会社では出世したい気持ちがあっても出世競争に勝たなければ出世することは出来ません。

 

子会社では人数が少ないので、出世したいと言う気持ちを持っていれば出世していくことは難しいことではありません。

 

そして親会社での研修制度を利用できる会社であれば出世の難しい親会社のレベルで教育を受けることが出来ます。

 

自分のスキルアップを求めるなら親会社の中で大きな流れの中で仕事をするよりも子会社の中で働いていくと言うもの一つの手です。

 

親会社のブランドを背負っている

 

全ての面に共通する最大のメリットです。

親会社のブランドを背負っていると言うのはとても大きいです。

 

親会社の名前を背負っている子会社では、労働条件、環境が劣悪と言うことはまずありません。

 

子会社の不祥事、事故は親会社の名前に泥を塗るのと同じことになるからです。

 

もし現時点で労働条件、環境が悪いと言う会社があったとしてもまだ整備が整っていないだけであり、今後改善されていく可能性が高いです。

子会社から親会社に転職は可能なのか?

子会社に入社すれば、親会社に転職できるのでは?と思うかもしれませんが、あまり現実的ではありません。

親会社から子会社に転職や出向は有りますが、子会社から親会社に転職は一般的な大手では出来ないことが多いです。

 

会社役員にまで出世すれば、親会社に出向は有るかもしれませんが、一般社員では無いに等しいです。

親会社は子会社から人の引き抜きをしないように規定が結ばれていることがあります。

 

どうしても、子会社から大手に転職したければ同業他社を狙えば可能性は充分にあります。

中小企業から大手企業へ転職するコツ

中小企業から大手企業へ転職するコツは実務経験をアピールすることです。

実務経験が活かせる同業他社であれば、即戦力を求めている場合は採用される可能性は充分にあります。

 

一度子会社に転職してから、経験を積んだうえで大手に転職すると言うキャリアプランで転職先を選ぶのも良いと思います。

まとめ

 

子会社と言えども、大手企業のブランドを扱っているので

ブランドを守るために子会社の労働条件、環境を整えています。

 

子会社は社員数が少ない為、出世もしやすく

逆に働きやすい環境の会社もあります。

 

親会社の後ろ盾がありつつ、ある程度自由に働けるのは

個人的にはかなりのメリットだと思います。

 

私自身もトヨタグループの末端の子会社で働いていますが

労働条件、環境も少しずつ改善されてきているのを実感しています。

 

まだ転職して3年ですが、出世もしました。

親会社だったら3年で出世は不可能です。

 

大手企業にこだわるのもいいですが、子会社にも

子会社ならではの魅力があります。

 

今回は【子会社】で働くメリットの紹介でした。

 

オススメ転職サービス 3選
順位 転職サイト名 総合満足度 / サイトの型
1 doda

オススメ度★★★★

転職サイト+転職エージェント

利用料無料

2 リクルートエージェント


オススメ度★★★☆

エージェント型

利用料無料

3 マイナビエージェント



オススメ度★★★☆

エージェント型

利用料無料

 

 

-転職

Copyright© FAワーキング , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.